2018年 秋の新ドラマ?「昭和元禄落語心中」NHK ( ドラマ番組 )

毎週金曜 22:00

NHKのドラマはスペシャルドラマを除いて、

連ドラは大河と朝ドラばかりである印象で

中々連続して見るドラマに当たらない。

なので、NHKドラマで「大当たり」の作品が

出てきました。

元々、NHKは、実験的に中原俊監督や朗読劇で

西川美和監督を使ったりと、映画監督を本気で使う

(スポンサーがないので作家性重視で)ので時々成功するのであるが

今回は、タナダユキ監督が、完全な映画んぼクオリティでの

作品を作っている。

タナダ監督と言えば、映画ではオリジナル脚本的な

作品が多いのであるが、今回は、かちっとした漫画での

原作ありきで作っているので、映画のタナダとは別向けの

顔を見せているのであるが、こういった原作ものであっても

かちっとした演技と映像でしっかりと娯楽作品を作れることが

よくわかった。

物語は落語の話であるのであるが、役者にしっかりと落語をやらせ

落語家の下町の喧嘩会話や所作も見事に

時間をかけて再現しているので、準備の仕上げがしっかりと

したドラマであった。

特に、どちらかと言えば軽佻さが見える岡田が別人のように

老け役、落語家、しかも、落語も演技でこなす演技であり

映画の彼の演技をも凌駕する演技であるのでそれだけでも

見る価値がある。

更に、鼻っ柱が強い江戸娘の成海璃子も大人の女の風情も出て居るのも

いい。

更に、次回からは老け役である岡田の青春時代に

マドンナ=大政絢のあでやかさも出てくるので

見逃せない。

文句なく、今シーズンでのドラマでは一番の出来であり、

当然、次回へ継続(というか、題名録画にしました)