公園の清掃

 きょうは公園の清掃日です。

この公園は「松葉ヶ迫緑地広場公園」と言い、約30年前新興住宅地の一角(約100坪)を宮崎市が公園としたものなのです。

確か2006年だったと思いますが、私の住んでいるあかね団地の公園が「公園愛護会」として市から委託されました。(それまでの草刈りは業者に依頼していた)

この愛護会の簡単な事業概要

は、このようです。

・事業名:公園愛護会促進事業

・事業開始年度:1999年度

・実施方法:直営

・目的:「私たちの公園は自分たちできれいにしましょう」を合言葉に、地域住民を中心に結成された「公園愛護会」である。公園の清掃作業などボランティア活動によって、身近な公園を美しく清潔に保つとともに、親しみのある憩いの場とするため。

この事業は宮?市全体のコストとして2010年度は(予算)22,340千円となっている。(結構大きい費用なっているが、業者に依頼するともっとかかることでしょう)

と、まあこんな内容で委託されています。気になる委託報奨金は13,500円/年です。(公園の広さで決まる)

 この報奨金は、仮払い機(エンジン付き草刈り機)の補修、ビニール袋、など備品に消えています。

本来は、ボランティアで集まってくれる世帯にお弁当とお茶くらいは出したいところですが、ままなりません。

清掃日は、勤めている人もいることから、日曜日の朝8時にしています。

私が思うこの清掃で一番良いところは「憩いの場・コミュニケーションの場」となっていることです。(新興住宅時代とは違い今は‘井戸端会議らしき集まる場所’がなくなっている)

なので、清掃日はおしゃべりを楽しみに集まってくる人もいるみたいです。

 これも市としての狙いなのかもしれません。

宮崎市にはたくさん(宮崎・佐土原・高岡・田野など)の「公園愛護会」がありますが、今や公園に関しては市と各自治体は完全にwin-winの関係になっていると思っています。

さて、今日は何人集まって来るでしょう。