義民が駆ける - つむじ風

藤沢周平講談社文庫 1998年9月15日初版、2006年12月1日第20刷。読み始めるとそのスケールの大きさ、次から次へ出て来る登場人物の多い事、話の筋が見えずに困ってしまうのだが、読み終えてから著者のあとがきでやっと作品のねらいが判る始末であった。 著者は「歴史の真実」について、この作品のあとがきで次のようなことを言っている。「醒めている者もおり、酔っている者もいた。中味は複雑で、奇怪でさえある。このように一面的でない複雑さの総和が、むしろ歴史の真実であることを、このむかしの義民の群れが示しているように思われる」つまり、「歴史」というものは一面をとらえては、それは「正しくもあり、誤りでもある」と。 この話は天保年間(1831〜1845)、「天保一揆」或いは「天保義民」などと呼ばれ「羽州荘内領民の藩主国替え阻止騒ぎ」として実際にあった事件を基にしている。時は老中首座水野忠邦が提唱する「天保の改革」の時代(1830〜1843)。ことごとく失敗に終わった「天保の改革」だが、そんな中で起きた一つの事件である。 著者の作品でよく登場する「海坂藩」は有名\xA4

焚誘擷痢嵌諭廚覆里世❶⊆腓防雹里糧甍イ鬟董璽泙砲靴討い襪里箸呂舛腓辰醗曚覆襦▷峙遡韻ⅱ遒韻襦廚六房造亡陲鼎埇鮖望倮發任△蝓△修海法嵒雹里糧甍ァ廚呂覆い❶◆峽彁珊發ど汗ʔ廖岷親阿鮖抉腓垢訃♧諭廖嵎歐箸醗區丨頬杼槪垢詆雹痢廚ⓙ❹嘘屬討襪海箸覆咩岼賁姪Ľ任覆な◉┐気料輜臓廚箸靴読舛ǂ譴討い襦◀靴ǂ掘△海料埖腓雰弉茵△△覦嫐7鎧歷Ľ箸發い┐訶欄類両霾鸚錙⊂鐚韻鯒砲訐鑪❹枠消爾任呂覆ぁJ劼\xE4349p「手垢に汚れた変わり映へしない日々に戻る」はずが、今はそれが「眩しく光りかがやく日々」に見える、という運動に関わった百姓たちの保守的心情もよく判る。 解説(川村 湊)では「義民」たちが駆け巡る集団のパワー、ダイナミックな歴史の群像を主体とすることで、剣豪、英雄、権力者しか活躍しない歴史・時代小説の「限界」を超えていると評しているが、確かに史実に基づく読み物として、中心人物を固定したものとは違った面白さがある。