8月編最近書いたのぼろぼろ一気に紹介します

また得意のおさぼりをした結果、お知らせがたまりました。

よろしくご査収ください!

鉄道ジャーナル2018年9月号で連載ミルクを飲みに行きませんか第6回を書きました2018年7月21日発売鉄道ジャーナル2018年9月号で連載ミルクを飲みに行きませんか第6回を書きました。

第6回は岩手県葛巻町のくずまき高原牧場です。

葛巻町というのは東北随一の酪農地帯でして、町としての酪農への取り組み、そして公共の観光牧場であるくずまき高原牧場の役割などなど、お話をたくさんお聞きしました。

牧場は入場無料なので、みなさん遊びに行ってください!想像以上に楽しいところです。

焼肉食べ放題牛乳飲み放題という、牛さんオンパレードご飯がいただける焼き肉レストランも絶賛営業中です。

話は変わりますが、最近は、全然予想していない方面から執筆依頼をいただくこともたまにあり、どこで誰が読んでくださってるかわからんもんだなというのを強く感じています。

私があられもない格好で独り黙と書いたものが、名前も知らない人たちに読まれること。

執筆の喜びはここにあるのかもしれません。

鉄道ジャーナル2018年9月号雑誌1000円

楽天

鉄道ジャーナル2018年09月号雑誌1000円

Amazon

月刊fu2018年8月号にコラムを寄稿しました福井新聞の折り込み雑誌月刊fu2018年8月号7月23日発行に連載エッセイを寄稿しました。

感動のフィナーレに当たりますよ!

1回目が旅、2回目が地元ときたので、3回目は取材の裏話を書きました。

たぶんバランスが取れてるはずです。

まっとうに地元でエッセイという形で書かせてもらったのは、今回が初めてでした。

福井県でも、特に越前市には足を向けて寝られませんね堀編集長のご自宅があるから。

足を向けられない方面が順調に増えてきているのですが、これからどうやって寝たらいいのでしょうか。

私は福井でも田舎のほうで育ったので、福井イントネーションで激流のように喋る人間です。

しかし、そんなもんを関東で使うと何言ってるか全然わからんとなることが分かっているので、ある程度抑えています。

とはいいながら、自分の想いをなんのつっかえもなく表現するには、今でも福井弁が最適です。

何が言いたいかというと、地元のほうが言いたいことがうまく言える、ということで、今回の連載は好き放題に書き散らかしました。

どうぞご笑覧ください。

旅と鉄道2018年9月号で山の絶景編中央本線大糸線で山の絶景へを書きました

2018年7月21日発売旅と鉄道2018年9月号にて、紀行文山の絶景編中央本線大糸線で山の絶景へを書きました。

東京で梅雨明けが盛んに報じられていたころ、中央本線大糸線も大雨でしたよ。

見えてなくても雄大後立山連峰の絶景が視界に広がり云と書くのが優等生なのかもしれませんが、それなら別にわざわざ取材に行く必要はありません。

気象条件も含めて忠実に文章に落とし込んだので、どうぞよろしくお願いします。

なお、山の絶景もあるなら海もあるだろうと思われた方、大正解です。

海の絶景編山陰本線、おいしい絶景旅は、鉄旅タレントの木村裕子さんが担当されています。

余談ですが、取材では木曽森林鉄道の保存鉄道にあたる赤沢森林鉄道にも行きました。

ここすごく楽しいですね。

道東の簡易軌道にお熱を上げている身なので、親和性が高いのかもしれません。

軽便、ナローといわれる分野は、夢中になり始めると危険な気がしているのですがこのままだと、少しずつ沼地に足を突っ込みそうです。

旅と鉄道2018年09月号雑誌1000円

楽天

旅と鉄道2018年9月号海と山、夏の絶景鉄道1000円

Amazon

季刊JREAST2018年8月号にエッセイを寄稿しました

2018年8月1日発行、季刊JREAST2018年8月号にて、エッセイそれは不意打ちのように訪れるを書きました。

JREASTとは、字面で大方予想はつくと思いますが、JR東日本の社外広報誌です。

つまり今回がオフィシャル雑誌デビューということになります。

最初にこのお話をいただいたとき、にわかには信じがたく、色んな人に断られてはちやにたどり着いてしまったということでしょうか?と質問してしまいました。

JREASTは新幹線のグランクラスに設置されているそうなので、どうぞ皆さま、グランクラスに乗車してください。

まさか本人より先に文章が乗ることになるとは夢にも思いませんでしたよ。

乗りものニュースで連載2回目を書きました。

乗りものニュースの連載鉄路の脇道第2回が2018年8月2日付で公開されました。

前回、私はこうしてJR完乗してしまったを書いたので、今回はJR完乗したらこんな旅をするようになった、心持になったを書きました。

途中までは無料ですので、非会員の方は途中まで、会員の方におかれましては、最後までご覧いただけると幸いです。

乗りものニュースの会員特典

広告がでなくなる

こまごまと頁送りしなくてよくなる

はちやの記事が全部読める

鉄道ジャーナル2018年10月号の特集で航跡にたゆたうを書きました2018年8月21日発売鉄道ジャーナル2018年10月号は、連載ミルクを飲みに行きませんかをお休みしています。

離婚が結婚した人だけの特権であるように、休載も連載の特権ですね。

と言い切れる図太さがあればいいんですけども。

そのかわり、というかここからが本題です。

紀行文海峡ゆったどきっぷで訪ねる青函エリア航跡にたゆたうを書きました。

連載を休まず、はちや名義の記事を2つ書くという選択肢もありましたが、時間的にどう考えても厳しく、甘い道を選んでしまいました。

休載はこれっきりにして、2つでも3つでも書かせてもらえるならいくらでも!の心構えでいようと思います。

鉄道ジャーナルでは初めて旅モノになりますミルクもかなり旅寄りではありますが。

あと、タイトルは初めて自分でつけました。

さらに、先月号まではだってあのジャーナルやで!と自分にしてはお行儀よく書いていたものの、いよいよそれができなくなってしまい、夜中のラブレターよろしく自由に書き散らしました。

なお、書きぶりについては編集部よりこんな風に書けるんやったら最初からこうしとけや!とご好評をいただきましたので、今後は基本的に今号のテイストで書いていく予定です。

ちょっとした裏話でした。

編集部の方は、こんなに荒い言葉を使いません。

鉄道ジャーナル2018年10月号雑誌1000円

Amazon

鉄道ジャーナル2018年10月号雑誌1000円

楽天

本当はもう少しあるのですが、今日はここまでにしておきます。

また、忘れたくらいに一気に更新します。

最近、日の動向についてはFacebookで書いていることが多いです。

取材に行ったこととか、出かけたこととか、食べたものとか。

はちやの動きが気になるという殊勝な方がおられましたら、フォローいただけると幸いです。

Facebookはここ